東北大学創立115周年・総合大学100周年記念事業

EN

Hasekura Summit 2022 支倉サミット 9/30 fri 要事前申込 参加費無料

日  時 2022年9月30日(金)13:00~18:00(12:15 開場)
場  所 東北大学百周年記念会館川内萩ホール(大ホール)
使用言語 英語/日本語(同時通訳つき)

東北大学創立115周年・総合大学100周年を記念して、東北大学人文・社会科学系部局は、独自の「日本学」の国際ネットワークである「支倉リーグ」参加大学の人社系首脳陣を仙台に招き、大野英男総長とともに21世紀の世界における人文・社会科学の国際・学際的連携および社会貢献の方針を共有し、「支倉宣言」を発します。

これに際して、新たな人文・社会科学の価値と東北大学発の学術・教育交流の未来像について、国際的視座にたち、人文・社会科学を志す若い大学生・高校生の皆さんとともに議論したいと思います。

支倉リーグとは…

東北大学と海外の有力大学との間で、学生・教員が国際・学際的「日本学」の学術交流を推進するネットワークです。

進取の気性をあらわす代名詞ともいえる仙台藩士であり、伊達政宗の命による遣欧使節として礼節と見識を示した支倉常長の名を冠しています。

現在、欧米を中心に25大学が参加しており、今後アジア、アフリカ、中南米等への拡大も計画しています。

参加申込は締め切りました。

Program_プログラム

第1部特別講演:21世紀における東西文化交流
駐日イタリア大使〈ビデオメッセージ〉
今日の世界における文化交流の意義、日本の若者へのメッセージ
第2部人文・社会科学系教育・研究の未来
「支倉リーグ」参加諸大学首脳陣
21世紀の世界における人文・社会科学研究の意義、各大学の人文・社会科学系研究の現状の紹介
*登壇大学:
ナポリ東洋大学(イタリア)、ローマ大学・サピエンツァ(イタリア)、ライデン大学(オランダ)、ブリティッシュコロンビア大学(カナダ)、グラナダ大学(スペイン)、ハイデルベルグ大学(ドイツ)、ヤゲェウォ大学(ポーランド)
第3部留学体験の意義
東北大学大学院生・フロア
支倉リーグ参加大学での留学(国際日本学研究)体験談、すべての話題を踏まえた来場者からの質疑応答
支倉宣言・調印
支倉リーグ参加7大学首脳陣、東北大学・大野英男総長および人文・社会系7部局長
川内萩ホール イメージ 川内萩ホール イメージ

川内萩ホール

後援:宮城県教育委員会・仙台市教育委員会